注意点とマナーについて

BBQ

火気使用の確認と火災対処

公園や海などでバーベキューを行なうときに火の使用がOKなのか調べる必要があります。当たり前のことですが火気禁止場所で行なうことは違法になります。また火災の危険性もあるため場所を決める時に必ず、火の使用がOKなのか確認しましょう。もしバーベキューしても良い場所があっても注意してください。火を使うため、火災が万が一発生しても対処できるような携帯消火器や水が入ったバケツなど準備して体制を整えることが大切です。

大騒ぎしない!

バーベキュー会場には老若男女問わず、多くの方が訪れます。そのため、騒ぐと周りに迷惑を掛けることになります。当たり前のことですが、騒がず、周りの方への気遣いを忘れず、マナーを守って楽しみましょう。

来た時よりもキレイに!

ゴミをポイ捨てするとバーベキュー会場が今後使えなくなる可能性もあります。なので一人一人のゴミ捨ての意識を変えていかないといけません。ゴミを持ち帰る、指定されている場所に捨てるなど、バーベキュー場所を長く楽しめるために、「来たときよりもキレイに」という気持ちを持って下さい。

炭も持ち帰る

「炭は自然のものだからどっかに埋めて帰ろう」といいゴミは持ち帰っても、炭だけ場所に埋める方がいます。これは絶対にやめてください。炭も必ず持ち帰って捨てましょう。ただし、必ず注意してほしいのが、必ず火が消えているのか忘れずに確認してください。火が消えていない炭に気づかず持ち帰って、帰宅途中で燃えたなんてこともあるので、炭の後始末は注意して行ないましょう。

時間帯に配慮

場所によっては時間指定の所もあります。なのでマナーとして時間を守ることは重要です。自宅でバーベキューを行なうかたも増えてきていますが、遅くまで楽しんでいると近隣住民に迷惑を掛けることになるので時間はしっかり守ることが鉄則です。

飲酒運転しない

これは当たり前なことですが、未だに減りません。どんな場所でも「酒を飲んだら乗らない」をきちんと守りましょう。また周りの方も飲酒運転しようしている人がいたら注意しましょう。大きな事故に繋がる前に!

広告募集中